Diversity Management ダイバーシティ推進本部

学長あいさつ

 

岡山大学は、我が国有数の総合大学の特色を活かし、今日に至るまで、高度な知の継承と創生の拠点として、また高度な専門知識と高邁な人格を備えた人材育成の拠点として、教育・研究の事業に携わってきました。
 岡山大学ダイバーシティ推進本部は、平成21年1月に、性別、国籍、年齢、障がい等に関する構成員の多様性を高め、ダイバーシティ文化の醸成に努めることを目的として設置されました。平成21年度には文部科学省「女性研究者支援モデル育成」事業の採択を受けて導入した「ウーマン・テニュア・トラック(WTT)」制による女性教員の雇用拡大、障害者雇用推進のために設置した「グッドジョブ支援センター」での計画的な安定雇用による障害者の法定雇用率の充足など、直接的な取組の他に、男女ともに働きやすい職場環境の構築を目指して、保育施設の充実、復職支援制度、研究支援員制度、研究推進助成制度などによる教職員のサポート体制の充実を図っています。これらの取組は多くの実績を上げており、他大学のモデルになるものとして高い評価を得ております。
 さらに、「平成27年度文部科学省 科学技術人材育成費補助事業 ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(特色型)」の採択を機に、ダイバーシティ文化の醸成に関わる事業をさらに充実させ、岡山大学の益々の発展に繋がることができるよう尽力してまいります。

平成29年4月3日

岡山大学長 槇野 博史

ホーム>ダイバーシティ推進本部>学長あいさつ

TOP