Researcher Support 研究者支援

ニュース一覧

平成22年度「メンタリングに関するセミナー」開催

活動報告
メンタルヘルス

2010.11.11

mentoring3男女共同参画室では11月11日、学外から2名の講師を招いて教職員を対象にメンタリングに関するセミナー「大学におけるメンター事業の現状と課題:女性 研究者のニーズに応える」を開催しました。男女共同参画室では女性研究者を対象としたメンター制度の導入を検討中ですが、今回のセミナーはメンター制度の 導入に向けて大学におけるメンター事業への理解を深めるために実施しました。
セミナーでは、先ず田中真美氏(東北大学大学院医工学研究科教授)が、世界トップクラス女性研究者リーダーの養成を目的として東北大学で実施している全学女性教授から選ばれた沢柳フェローと部局メンターによる複数メンター制度について講演を行いました。
次に、三宅恵子氏(岐阜大学男女共同参画推進室特任准教授)が以前勤務していた新潟大学におけるメンターによる女性研究者支援制度の立ち上げについて、 制度設計・情報収集、制度周知・利用促進、およびメンター養成という3つの側面について紹介し、女性研究者に必要なサポートについてご自身の経験を踏まえ て講演されました。
講演に引き続き約30分間にわたって行われた質疑応答では、「女性教員だけがメンターとなるべきか」、「メンターとなるにはどの位の経験が必要か」と いった率直な疑問が参加者から出され、参加者と講師の間でメンター事業導入の難しさについて活発な意見交換が行われました。
今後男女共同参画室では、メンタリングに関するセミナーやメンター養成研修などを実施しながらメンター事業の整備の検討を積極的に進めていくことにしています。

 

mentoring1

田中先生による発表 (東北大学大学院工学研究科 教授)

mentoring2

三宅先生による発表 (岐阜大学男女共同参画推進室 特任准教授)

ホーム>研究者支援>ニュース一覧>平成22年度「メンタリングに関するセミナー」開催

TOP