Researcher Support 研究者支援

ニュース一覧

平成23年度「メンタリングに関するセミナー」開催

活動報告
メンタルヘルス

2011.12.15

mentoring_saminar 平成23年12月15日、名古屋大学より中井俊樹氏(高等教育研究センター准教授・男女共同参画室員)を講師に迎え、第2回メンタリングに関するセミ ナー「大学教員にとってのメンタリング実践」を開催しました。中井氏は、名古屋大学で実施されている教員メンタープログラムについて、プログラムの概要や 実施の背景だけでなく、日頃のプログラムの運用や参加教員を対象として昨年行ったアンケートから分かったことについても講演しました。名古屋大学では、新 任教員の主体性を重視する、大学の同僚性の文化を大切にする、理想的なメンターに出会うことは奇跡的であるという3点を前提として公式メンタリング・プロ グラムを整備しているそうです。
講演の後に行われたパネル・ディスカッションでは、本学教員4名が、メンターあるいはメンティーとしてメンタリングにどう関わっているかについて自己紹 介した後、これからの先輩教員の役割や、メンタリング・プログラムのあり方について議論しました。パネル・ディスカッションではフロアからも意見や質問が 活発にありました。
最後に、沖陽子男女共同参画室長が本質的な議論ができたとセミナーを評価し、閉会の挨拶を行いました。当日は、許南浩ダイバーシティ推進本部長(理事) も、ポスドク時代のドイツの大学での教授とのメンタリング関係について語られ、メンタリング関係における信頼感の重要性や中長期的な視点の必要性について 意見を述べられました。

 

111215mentoring2-1

中井俊樹氏によるご講演
(名古屋大学高等教育研究センター准教授)

111215mentoring2-2

パネルディスカッションの様子

ホーム>研究者支援>ニュース一覧>平成23年度「メンタリングに関するセミナー」開催

TOP